TOP > 下関の援交情報(山口の売春の相場)

下関で援交で出会った美女

みなさん、「セックス依存症」の女子ってエロ小説やエロ漫画にはよくでてくるけど、実際に会ったことがありますか?

私は出会い系を通じてたくさんの女子たちとオマンコしてまいりましたが、まだそういう女子と出会ったことがありません。

なので、本当のことをいうと「セックス依存症」なんて男が作りあげたファンタジーなのではないか、と疑っておりました。

援交の画像

だって、もしそういう女子がいたら男にとってこれほど都合のいい存在はありません。

でも、私は間違っていました。

セックス依存症の女子は確かに存在します。

しかもその実態はそれほどファンタジーなものではありませんでした。

今回は、先日出会った援交女子のご報告です。

売春の画像

その彼女は23才。

ひと目見ただけで「うそおおおお!」とうめいてしまいそうになるくらい、可愛らしい女子でした。

そのうえ性格も明るく素直で、とてもじゃありませんが出会い系で援交をしているような女子にはみえません。

ところがその彼女こそ、問題のセックス依存症女子だったんです。

その兆候は服を脱いだあたりから、すでに始まっていました。

床に脱いだ服を落とすたびになにやら息が荒くなり、愛らしい眼差しはなにかに憑りつかれたような不穏な光を宿していました。

そうしてベッドに入るや否や、彼女は私の唇を貪りながら手コキを始め、チンコが硬くなった途端、待ちきれないようにそれをマンコを納めました。

そのときは「この女、こうやって俺を早目にいかせるつもりだな」と思ってちょっとムッとさえしてしまいました。でも、それは私の早合点でした。

「あ、あああ、気持ちいいい……!」

彼女は私をいかせたいのではなく、一刻も早く自分がいきたかったんです。

「ああ、いく、いきそう! いくいくいくいく、いくううう、あ、ああああ!」

激しい喘ぎ声とともに凄まじい早さでお尻を捏ねながら、あっという間に果ててしまいました。

でも、彼女はそれで満足したわけではありません。というか、そんなものはまだほんの序の口に過ぎませんでした。

女性の写真

彼女は普通の女子が好む優しい愛撫とか刺激的な舌技とか、そういったものは一切求めていませんでした。

ただひたすらチンコでマンコの中を捏ねくりまわしたいだけなんです。まるで私の恥骨と彼女の恥骨でクリトリスをすり潰すようにして、もう数えきれないくらいにいき続けました。

ようやく一息ついたのは、私がいってしまい、チンコから硬さが消えたからです。

「いかせてえ……お願い。もっといかせてえええ!」

彼女は自分の指でクリトリスを揉みながら、お尻を尺取虫のようにクネクネさせておねだりしてきます。

なんといいますか……これじゃあ私が彼女を焦らしていじめているみたいです。

「どうすればいい?」

根が気弱な私は焦って彼女に訊ねました。

「指で捏ねてええ! 中をいじって!」

「こう? これでいい?」

私はドクター荒井直伝の指技を駆使して彼女のマンコをまさぐりつづけました。

「あ、ああああ! もっとおおお! もっとグチョグチョにしてええ!」

このように4時間あまりにも渡り。彼女をいかせつづけることになったのですが、ようやく一息ついたころには手の筋が吊りそうなくらい疲れ切っていました。

彼女は哀しそうな顔で、

「ごめんなさい……」

と呟きました。

でも、だからといってタダにしてくれたわけじゃありませんでした。

私は病気の治療に付きあわされ、そのうえ金をとられたような、やり切れない気持ちでホテルをでました。

私が活用しているサイトです

下関の売春(援助交際)の相場

全国的に援助交際の相場って全盛期に比べ落ちているのですが山口に限っては更に落ちていると思います。10年前だと若いコギャルみたいので2万円から3万円だったのが今では15000円です。さらに主婦なんかになると昼間の空いている時間に会えるなら8000円でもよいという、とんでもない人妻なんかも存在してますからね。どんだけオマンコの価値が落ちているのか?景気ってマンコの価格と比例するんですね(笑)



>> 美女すぎる下関の人妻と格安で割り切りセックス